2017年08月10日

よその国のお客さん

 当店の周りには たくさんの海外からの観光の方たちがたくさんいらっしゃいます
去年くらいから 週1くらいで 飛び込みで入っていらっしゃいます

ちょこっとそのことを書いてみるかな

 ほぼ飛び込みで入ってこられるんだよね〜
はじめは 指をたたてて 二人ですって感じですわ
一応 日本語できますか?って聞くと 返事は の〜〜〜〜
 クレジットカード使えませんよ〜 現金オンリーですが いいですか?聞くと
中には財布の中身を見せて これで足りる?なんて人もいます

だいたいカード使えなくても 入られますが
アメリカの方たちは ここで出て行かれる方が多いです(なんでわかるかって?どこから来たの?て聞くからです)
海外旅行でカードは当たり前ですよね でも うちの店クラシカルスタイルなんでカード不可です(日本人にも怒られますが)

ちょっと面白いのは   日本語できますか>?って 聞くと 逆におめ〜は英語喋れるのか?って
聞き返してくる人もいます   聞かれたら しゃべれんですよ って答えますが
それでも お〜け〜お〜け〜と 入店してくる強者達 ここまでが 外国人のお客様への入店の儀式です

 このまま何事もなく終わるかといえば 店の中を見せてくれよ〜なんて感じで まじまじ見学して
質問しまくって(しゃべれん言うたじゃろ) 赤ワインあるのか? なかったらコンビニで買って
くるから 持ち込んでいいのか? って(どこまでものおじしないで好き放題いうんじゃろ〜か)
会話が成り立ってるのかどうかお互い笑顔で会話してるつもりになってます
そのまま出て行く外人さんも少なくありません

 さてさて納得してお席におすわりになられた異国のお客様
ここからメニューのない当店(日本人でも嫌がるクラシカルスタイル)
私との異人さん達との果てしないやりとりが始まるのです

お金のトラブルを避けるため 紙とペンを前に置いて材料と料理の説明をして
1人前は\〇〇  ハーフでもいいよって感じで のやりとり
ここまでくると 不思議にお互い打ち解けて 料理はシェフに任せるよ〜 お前さんに任せちゃうぜ!
てなノリな感じです(満足してもらえたかどうかも不明です)

 食事が終わると みなさんいろんな質問を放り投げてきます
海外行った事あるのか? どこで修行するのか? 何年もやってるのか?
その刀みたいな包丁 お前は侍か? とか

私がお客様にする質問は どこの国から来たの?
広島に来る前はどこを旅してこられたんですか? 広島にはどのくらいいるんですか?
とか ありきたりな何も気の利かない面白くもない質問を中学英語レベルにもいかないような
(だって勉強嫌いじゃもん)単語ばかり並べて質問をします
お客さん達の方が優しいので みなさん 笑ながら 幼稚な英語もどきを喋る日本人の料理人
を聞いたようなふりしてくれてるわけです

ヨーロッパ 北米のお客様は 休みを3ヶ月くらい取って アジアを周られてる方が多いですね
ええですね〜僕も3ヶ月休んで旅行したいですが 休むと店がなくなるな

 先日中国人の家族がこれもまた飛び込みでおいでになって
着席するなり ジャパニーズラーメンください 言われました さすがの私も
今日はないですって らーめん屋教えてあげましたが そのままお寿司を召し上がられて
帰られました(英語でデリ〜シャスって言われました)

 韓国人の方も多いのですが ありがたいことに日本語喋れる人が多いんです
日本に留学でもされてたんですか?って聞くと
小学校3年生から勉強してました日本は初めてす(スゲ〜韓国人)
その方は深夜まで喋り込んで日本酒二人で飲みまくって最後は3年後にまた来てね
って言うと  3年後もこの店ありますか? とんでもない落ちでした
(ええ加減にせ〜よ笑)

ある日は カウンター 3組 ドイツ オーストラリア アメリカ別々
の観光客で満席になって アメリア人のお客様が日本語喋れたので
                ↑
             (この人リピーター)
通訳お願いしちゃいました

うちの常連さんは英語しゃべれる方が多いので通訳していただくことも
多いです

まあ  勉強せんといけないでしょうけどね。。。。。。少しくらいは

でも なんとかなるんですよ なんとか(なるか)

まあ みなさん 箸の練習してきてるみたいで上手です


今のところ アメリカ イングランド オーストラリア イラン 中国 台湾
韓国 メキシコ スペイン フランス タイ ドイツ 
 12の国くらいですかね〜  世界地図塗りつぶしていきたいと思います

明日くらいまた来そうな予感がする〜


 3年後もお店あるからね〜   キムさん待ってるよ
posted by あづま at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記