2017年11月13日

お客さんにお弁当の事でよく聞かれる事

IMG_6237.JPG




カウンターでお客さんとお話しててよくお弁当の話になります
ほぼほぼ会話の内容は同じですが
「facebookに沢山お弁当出てますね 大変でしょ?」
「ご主人一人で作ってるんですよね? 阿津満のお弁当の 特徴って何ですか? ここが違うとか」

だいたいこんな感じです
うちのお弁当を作るのに心がけているのは なるべく 和え物を入れない
俗に言う 銀ケース(食品ケース)を使わない 5000円以上のお弁当には使いますが
あれは ある意味お客さんを騙すテクニックだと思うので小さい折には 仕切りとケースは使いません
仕切りのある折にケースを使うと簡単に場所が埋まるからです 仕込みも楽だし 誰でも入れるだけ
ちゃんと仕事した気分にならないので 高額のおり以外は使わないようにしている

次は 彩りかな お弁当はお店で出す味より濃く仕上げます
濃くしないと 腐りやすかったり 時間で味が抜けてしまうからです
色が抜けて味が濃いのはプロではないので オクラも人参も 小蕪も
色鮮やかで味がしっかりと入るように仕上げるようにこころがけてます

あとは なるべく木製容器を使うようにしてますが こちらは
最近悩みどころ スチロール プラ容器だとコストも下がるので
同じ売価でご購入いただくお客様へ容器代が下がる分内容を良いものにできるので
悩んでます 木製の折箱って和食屋さんって感じでいいんですが 時代の流れには
勝てません


あと心がけてる事は お弁当は主役はごはん!それに欠かせないオカズが
卵焼きです ごはんはとにかく気を使ってます おにぎりでも かやくご飯でも
一番気合い入れてます

最後は愛ですか 笑、、(オチがつまんなくてすみません)



店主(もう若旦那って歳じゃないよ)
posted by あづま at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181552797
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック