2019年04月24日

洗い奉公

IMG_7935.JPG



お客さんや 会う人に昼食の献立を
よく聞かれる
松花堂弁当じゃなく 何故に普通に
ご飯なの?綺麗なお弁当見たいのなじゃ
ないの?って

料理の基本は家庭料理にあると考えてます
よそ行きの外食は 家で食べれない珍しい料理って のが今の主流ですよね

広島へ帰って25年。京都 大阪時代は
料亭で修行していた。
毎日 昼から10000円以上のコース
綺麗で器も作家物最先端の料理
勿論 師匠の料理は味も テーマ
雰囲気 知名度も最高で
年に数回雑誌 や テレビの取材などあり
これが 最高!と思って日々修行をしていました。

美味しい料理と 洗練された料理は
別のものと感じたのは 13歳の時に
帝国ホテルで家族で食事し
大人になって改めて考えた時。
(詳しくは後日書きます)

レストランの醍醐味はやはり
最上級のサービス

先日帝国ホテルに行き
最高のサービスをしていただき
13歳のディナーを思い出した。

味でお客様に忘れられない思い出は
作れないという事。

店のお昼の献立の話に戻りますが
普段 自分がお昼に外食する時に
悩んじゃう
何を悩むか?

美味しいご飯 美味しい汁物
美味しい 炊合せ 美味しい漬物

ご飯の美味しいお店はあるけど
それ以外がない

特に漬物はいい加減

美味しい蕎麦屋 イタリアン フレンチ
お好み焼き ラーメン 寿司 うどん

炭水化物か 綺麗で優雅なレストランばかり。

日本人らしい ご飯で食べる
ちゃんとしたオカズの昼食を
出したかった。
ランチ営業の日は
12:10に炊き上がるように
お茶も 時間に煮出し 翌日の昼にあわせて
糠に野菜をつけて
ご飯にあう野菜料理を考える。

たまに母が作ってくれていた
料理を思い出しながら仕込みしてます。

糠を作る時の副産物で
昆布と 葉物 野菜の皮を
味を慣れさせるためにつけっぱなしする

それを細かく刻んで、ざるで塩気がなくなるまでさらします。

これを 洗い奉公 とい 白飯の友としては
最強です

夜はとことんよそ行きのレシピで
お昼は徹底的に最高の家庭料理を
と考えてます

洗い奉公 激ウマですよ


味は忘れるかも知れませんが
本来の日本食(家庭料理)、
お昼に素朴な
献立で 皆さんに喜んで頂きたいと
思って楽しみならご用意させて
いただいてます

気持ちは伝わるかな?

伝わらなければ
まだ修行たりないんでしょうね 笑

明日は昼営業あります
店主が 自分の家族を迎えるように
お待ちしております。
posted by あづま at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
一度、伺いたいと思います。
Posted by 鳩野千尋 at 2019年04月24日 15:57

>鳩野千尋さん
>
>一度、伺いたいと思います。

お待ちしております 笑 コメントありがとうございます
Posted by あづま at 2019年04月27日 05:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185902620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック