2019年05月31日

あてにならない恋愛本と料理本

久しぶりに料理についての記事

また訳の分からないタイトル
恋愛本ってのはオマケ

要は本に書いてある通りにしても
そうはならないって事
(ホントはあるレシピ練習すればほぼ料理
上手になるんだけど)

最近は料理本 ネットなどで
プロのレシピが沢山転がってる

しかし 同じには絶対ならない
絶対! 絶対なんですよ これ絶対(ひつこい)
あくまでガイドラインにしかならない

例えば うどんのレシピで例えるなら

うどん 1玉 出汁 16:味醂1:濃口1:薄口0.3
出汁300ccとして
塩 少々(この時点でアウト!少々って 笑)

まず うどんは 乾麺 ?ゆで麺? メーカーは?
乾麺だけでもどれだけ?あるの?
味醂は?どこのメーカー濃口も?
そこまで書いてある本ないですよね
使う鍋やコンロのカロリー
出汁を引く水まで違うよね

あくまでガイドライン
(ガイドラインじゃ美味くなんないよ)

友人達と話しててよくある話が
どこそこの地醤油使ってるからって

もちろん 美味しい醤油を使えば
美味しくなるのは当然
以前にも書いた事があるが
F1を素人が運転しても車のレスポンスは
引き出せない 運転の基礎を勉強しないとね
まずはわかりやすい教習車から
調味料もわかりやすい 市販のものから
味の動きや変化を覚えてから
特徴のある調味料の良し悪しが
判別できるようになってから
使うのがベスト

話がそれっソレですが

レシピ本はあてになりません

恋愛本もね 笑

彼女とこんな時は少し時間をおいてから
メールしてみるなんて 連絡したいのに
我慢してたら

既読無視されて 振られちゃうかもよ
相手の人柄に合わせて 自分なりに
がんばんないとね〜
(今時恋愛本読む人おりませんけど)

料理を美味しく作れる基本は
全ての材料の特徴を理解できる能力と
美味しいものを食べさせて喜んで
もらいたいと思う奉仕の心ですね

今度は 出汁の引き方について書きますが
昆布とカツオと水が同じじゃないと
同じ味にはなりません

ブログのタイトル

「間違ってる→阿津満店主の料理教室」に
変えたろか(僕の存在が間違いです笑)
posted by あづま at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186072196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック