2006年09月25日

まだまだ修行の身

2006_7_25.jpg


仕事が終わって 昨日買ってきた 本を読む 少し感動ってか やっぱり おれって 人間できてねーよな とか 自己反省してしまった。 技術的な事は もちろんだけど その職人さんの生き様 または 年齢を重ねた 器の大きさと言うか 考え方は おれも まけてねー とか 生意気思いながら 表現方法 お客様への 自分スタイルの伝え方 言葉が とっても 柔らかくて力強いんだねー 説得力あるし 本読んでまた振り出しにもどったって感じですか。 自分的には いつまでも 若くて 未熟のままが いいと思うし 人に注意されたり 怒られたり 教えられる事は とっても幸せなこと ダレも言ってくれなくなったら裸の王様状態 これほど孤立して悲しいことってないからねー それよりなにより もっともっと 考え方 生き様が 格好がよく あこがれるような 諸先輩が 
 この世の中にはたくさんいて 自分がそうなりたいと 日々前進して 20年後30年後にそんなふうに なれるかどうか が不安だし 技術的な事より 技術にまさるかそれに見合うだけの 男としての器が整うかどうかが 問題であることに 改めて 気がついちゃったんだよねー まずいよねー。 お客さんにおいしく料理を食べてもらうには お客さんの協力も必要だけど それを 誠実にお客さんが 納得出来るように 伝えられるだけの人格が必要だね 私は 生意気で わがままですから  今日から もう少しカッコイイ 粋で鯔背(いなせ)な男に生まれ変わります。そしてやさしい男にね なれるかね 無理っぽいけど がんばらないと なれないもんね とりあえずは また 改めて 今日 今 の今から 丁稚の心を取り戻して 勉強しなおそーっと(^.^)v


posted by あづま at 00:00| 日記